ケーブルラック敷設工事

某工場にて、ケーブルラック敷設工事を行ないました。

ケーブルラック工事とは

ケーブルラック工事は、分電盤や配電盤から出る大量のケーブルをラックに載せて敷設する工事を指します。
この工事は、電気工事で重要な配線を効率的かつ経済的に運ぶための導線をつくる作業です。

ケーブルラックの種類

「はしご形」と「トレイ形」といった2種類の形状の製品が普及しております。

≪はしご形≫
その名のとおりはしごの形をしており、桁の部分にケーブルを固定して使用します。

≪トレイ形≫
一方こちらは、ラックの下面が鉄板で塞がれている製品で、ケーブル固定のための小さな穴が設けられています。
天井から吊り下げた際も見栄えが良く、人が簡単にケーブルに触れることができない構造のため、安全性は高くなっています。

愛知県近郊の電気工事はおまかせください

愛知県海部郡のアスモ電工合同会社は、名古屋市をはじめとする中部地区を対象に、電気工事や通信工事を請け負っております。

かけがえのないライフラインである電気にまつわる施工業者であるからこそ、安全で高品質な施工を確実にご提供すべく、私たちは日々研鑽を積んでおります。

信頼できる業者をお探しの方は、ぜひ弊社をご用命ください!
みなさまからのお問い合わせを心よりお待ちしております。

最後までご覧いただきありがとうございました。

一覧に戻る

▲TOPへ