皆さんこんばんは。奥です。今回は内勤作業で会社の倉庫の扉のペンキが経年で浮いてきたので、そこを補修しました。




プロの方が見れば『何じゃこれは〜( ´_ゝ`)』と言われそうですが、まぁ素人目線で見てください。(笑)




この扉の灰色に塗られている部分は鉄板4枚分あり、一番右側の【浮き】が酷かったので予め剥がしてあります。




扉の高さが約4mあり、下半分の黒塗りの所は補修済みなので、今回は上の灰色部分を黒塗りで補修しました。




 まずは経年により、ペンキが剥がれていて上から塗る事が出来ないので、剥がす所からスタートです。




養生を行い、グラインダーで塗装面を削っていきました。なかなか剥がれず苦労しました(泣)ペンキや錆止めの粉末が付着したので、掃除します。




掃除後です。  だいぶキレイになりました。




ここから塗り作業です。いきなりペンキを塗ると、鉄板の方が錆びて来た時にまたペンキが浮いてくるので錆止め剤を塗布しました。




錆止め剤を塗布しました。錆止め剤がグレーなので、最初の状態と同じです(笑)




そして、ようやく本塗りへ…。これがまた苦労しました。ムラの無いように塗ったつもりでも、乾いてくるとムラが目立ちました。(悲)




1度目の塗り状況です。下の黒い部分と色が違うので、合わせるためにまだ2度3度と上塗りしなければなりません(^^;




とりあえず今回はここまでです。左側の方も同じように日を改めてやっていきます。また完成したらアップします。途中経過の報告みたいになって申し訳ありません。


愛知県の航空障害灯の設置や電気工事はアスモ電工合同会社
ただいま、業務拡大に向け新規スタッフを求人中です!
〒490-1144 愛知県海部郡大治町大字西條壱町田95番地2
電話:052-462-1668 FAX:052-462-1669
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする

愛知県知事 許可 (般-28) 第67072号