皆さんこんにちは。奥です。今回は現場からではなく、講習を受けてきましたのでアップしたいと思います。

普段お世話になっている元請け様が講師として、職長教育を受講してきました。現場の頭となるために必要な教育なので、気合いを入れて臨みました!

資格自体は、前職の鳶職の時に取得していましたので、再教育(能力向上)という形となります。

さて、本題に移りますが、講習は元請け様の会社にて開催されました。室内はコロナ対策で、間隔をあけ、かつ換気の為に窓は開けられていました。(写真を撮れなかったのは申し訳ないです。)

会場入口です。
手書きなのがまたいいですね(笑)

講習は1日通して行われました。僕を含めて元請け様、協力会社様が10人程参加されていて、顔見知りの方が数名おられたので挨拶をして受付を行いました。

内容は、テキストは無く、講師の方の話を聞き、過去の災害事例を元に討論しました。

職長は現場の進捗だけでなく、その中で動いている作業員の体調なども管理をしなければなりません。広い視野で見なければならないので重要な職務であると言えます。

 私も、現場で管理をする立場で動くことがありますが、まだまだ見るところがあると改めて分かった事もありました。それを頭に置いてこれからも各作業に従事していきたいと思います。

元請け様が講師を務めて頂いたのですが、分かりやすく丁寧に説明して下さったので、こちらとして頭にスーっと入って来て理解出来ました。ありがとうございました。

今回はここまでとなりますが、またこういった講習等でアップ出来たらと思います。長々とお付き合いありがとうございました!


愛知県の航空障害灯の設置や電気工事はアスモ電工合同会社
ただいま、業務拡大に向け新規スタッフを求人中です!
〒490-1144 愛知県海部郡大治町大字西條壱町田95番地2
電話:052-462-1668 FAX:052-462-1669
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする

愛知県知事 許可 (般-28) 第67072号