皆さん、明けましておめでとうございます。奥です。本年もよろしくお願いします。今年もブログを通じて弊社の作業内容を紹介させて頂き、どんな作業を行っているか、また興味深いなーと少しでも思って頂けるような内容で紹介していくようにしていきますのでお付き合い下さいませ。

さて、年明け早々となりますが、2022年の航空障害灯施工は4日から始動です!まだ寒い日が続きますが、気持ちを切り替えて安全作業で臨んでいきたいと思います。

今回は、G県のE市において、リニア中央新幹線に関わる工事として、総合車両基地新設への電力供給対策で、鉄塔の建替えに伴い、新設の鉄塔へ航空障害灯を取り付ける工事となります。(←ややこしくなってすみません。汗)

前置きが長くなりましたが早速紹介していきます。

まずはRKYです。今日の作業の危険ポイントと対策、作業内容と人員配置のミーティングを行いました。画像の通り雪が残っていますので、地上作業での足元と塔上での作業・移動の際の手足元には特に気を付ける様に話がありました。
車から荷物を降ろし、段取りを行っています。養生と落下防止対策を確実に施します。その他、資材等も傷付けたり濡らしたりさせてはいけない為、ブルーシートを敷いています。

今回の灯具が白色の為、下部への光を遮る【遮光板】の段取り中です。ボルト・ナットで留めてありますが、当社では緩みがあってはいけない為、一本一本の増し締め確認を行う様にしています。
いざ昇塔!組立班と同調作業の為、お互い作業の支障の無い様にしなければなりません。

今回の新設の鉄塔は500kv(50万V)の建替えというだけあり、規模が大きい現場でした。一つ一つの部材の大きさが今まで以上の物で目の当たりにすると驚きです!俄然やる気がみなぎってきます!(笑) 先ほど述べた通り、組立班と同調作業というところも、いつもみたいに自分達のペースで作業が出来ません。そこは社内での終礼時にシミュレーションとして話し合っていますので、作業員の手が空くことなく、また効率よく作業を進められていますので問題はありませんでした。 最後に隣の既設の鉄塔と並んでの画像を紹介しますね。

資材等の荷揚げも無事に終わり、機器類の取り付けに取り掛かっています。落下物の無いように慎重に作業を進めます。
取り付けた灯具も同調作業により、他業者が破損させないように毛布でくるみ養生を施しました。
機器類の取り付けも終わり、次に配線作業です。機器への配線も誤配線とならないように慎重に、また見映えよく支持しています。
新設鉄塔の中間部付近から既設鉄塔を撮りました。お互い鉄塔高もあり、色々と…ゴツいです( ゚□゚)笑
地上から並んだ状態で撮りました。こうして500kvの鉄塔が並ぶと…迫力がありますね!
1つ1つの大きな部材を確実に、そして安全に組み立てて下さった組立班の皆さん、本当にお疲れ様でした!

まだまだここの現場は続きますが、2022年最初の仕事なので、安全に、そして航空障害灯はアスモ電工に任せておけば間違いない!と、思って頂けるようにこれからも日々精進していきます。何か気になるという方もご質問があればお答えしますので、是非ともご連絡頂けたらと思います。 またアップしていきますのでよろしくお願いします!

 

電気工事士の求人はアスモ電工合同会社

愛知県海部郡・名古屋市を拠点に活動するアスモ電工合同会社は、現在新規スタッフを求人募集中です。
主力業務となる航空障害灯設備工事は、電気工事を通して「空の安全を守る」やりがいのある仕事です!
一人前の電気工事士を目指すならぜひ弊社へご応募ください。未経験の方にも丁寧に指導いたします。

 


愛知県の航空障害灯の設置や電気工事はアスモ電工合同会社
ただいま、業務拡大に向け新規スタッフを求人中です!
〒490-1144 愛知県海部郡大治町大字西條壱町田95番地2
電話:052-462-1668 FAX:052-462-1669
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする

愛知県知事 許可 (般-28) 第67072号