皆さんこんばんは。山下です。桜も散り暖かい日が多くなってきましたが、皆さん体調はいかがですか?  まだまだコロナウイルスの影響がありますが、対策をおこなって日々の生活や仕事を頑張りましょう!            




今回はS県K市での障害灯工事となります。




さて、今回の現場ですが、平成16年(2004年)に当社で施工した大型幹線で現社長も現場で指揮を執っていました。




下から見上げてみると、やっぱり大きいですね。




始めに全員でKY(危険予知)を行い危険ポイントや注意事項、作業内容を周知します。








KYの後は腰道具や昇降器の点検をして昇塔します。








下廻りは荷上げがしやすい様に準備します。








飛金車を取付ける為に脚と脚に対角にワイヤーを張ります。ワイヤーには事故防止の為の注意を促す垂幕を取付けます。各所に人員が着いたら荷上げを行います。無線機を使用して密に連絡を取り合い荷上げしていきます。




頂部の荷物です。




ケーブルを支持する為の金物です。




ケーブルを支持する金物を取付けます。取付けは2m以内と決められていますので、間違いのない様に仮付けして、上にいる作業員が通しを見て本締めをします。




上下間の声掛けが大事です。




支持材が取り付いたら別作業員がケーブルの支持を行い、クセがついてる箇所は直しながら支持していきます。




ポーズも決まっていますね(笑)




今回のブログは全体の作業の前半となります。当社は高所の作業をメインとしていますが、安全対策を守り作業を行なえば決して危険ではありません。(実は社長以下数名はもともと高所恐怖症です^^;)他の人が見れない景色も見ることができます。そんな景色を見て作業をしていると、自身の悩み事や世の中のわだかまりから解放された気分になり、心がリセットされてやる気が出てきたりもします(^.^) 高所が苦手な人も未経験者でも少しでも当社の作業に興味を持たれた方は一度当社に見学に来てみませんか?  ワクワクするようなことや目からウロコなことがあると思います。また、世の中の三密とは違い、私達の密はとても重要です。密な工程調整や密な打ち合わせ、密な声掛けで現場を仕上げてお客様に引き渡します。テレワークも重要ですがなければならないことは避けられません。これからもやるべきことはしっかりとやって安全安心な職場を守っていきたいと感じています。長々とお付き合いありがとうございます。またアップしますので宜しくお願いします。


愛知県の航空障害灯の設置や電気工事はアスモ電工合同会社
ただいま、業務拡大に向け新規スタッフを求人中です!
〒490-1144 愛知県海部郡大治町大字西條壱町田95番地2
電話:052-462-1668 FAX:052-462-1669
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする

愛知県知事 許可 (般-28) 第67072号